>  > まるで見守ってくれているかのような視線

まるで見守ってくれているかのような視線

親のように、まるで自分のことをしっかりと見守ってくれていた風俗嬢のSちゃんがその日は最後だと。実は彼女が風俗デビューの相手でした。もっと言えば、それ以来彼女としか楽しんでいないので自分にとって風俗=彼女なんです。だから彼女が最後って聞いた時にはさすがに衝撃的でした。まさかこんな展開が待っているだなんて思わないじゃないですか。その日も普通にいつも通り指名したら、彼女が「今日で最後なんだよね」って。急に決まったとのことで、本当に残念でなりません。前もって知っていればいろいろと用意したんですけど、何も用意せずにバイバイ。でも最後だからということでこれまで以上にみっちりとサービスしてもらえたんじゃないかなと思うくらい、いろいろなサービスを楽しませてもらいました。今日で最後って聞いた時にはかなりショックではありましたけど、でも今後も彼女のような存在の風俗嬢を見つけてまだまだ風俗の世界を楽しみたいなと思っています。

しっかりと性格が出たのでしょう

本当に展開が速いと思えるような風俗の時間になりました。とにかくデリヘルのスタッフさんがしっかりとした対応をしてくれましたので、自分自身ではかなり納得が出来るような内容だったと思っています。確実な対応をしてくれる風俗店員は全体を見渡してみるとまだまだ少ないと思います。自分自身のお金のためにとりあえずデリヘルで働いているというようなスタッフは正直腐るほどいるというのが自分自身の考えですし、それに対してしっかりと違うんだというような対応が出来る人はごく一部だと思っています。今回のスタッフさんは間違いなく良い意味で自分の期待を大幅に裏切ってくれました。とにかく最高レベルでの接客を行ってくれているのは実際にサービスを受けている側としては良く分かりました。非常に真心をこめているのが伝わってくることが多いのが今回の自分の感想です。恐らく人柄が本当に偽りの無いような印象でしたので、彼女の性格の良さが出たのでしょう。

[ 2017-02-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談